特選お茶の世界へ

中国茶の種類

Home > お茶基礎知識 > お茶の種類 > 中国茶の種類

お茶の故郷、中国では1000種以上のお茶があると言われています。それらのお茶は製造の違いにより大きく7つ緑茶(不発酵・摘んだ茶葉に熱を加え、発酵を止めたもの)・白茶(弱発酵・自然のままで軽く発酵させたもの)・黄茶(弱後発酵・緑茶と同様の行程の後、軽く発酵をさせたもの)・青茶(半発酵・種類も多く15~70%程度発酵させたもの)・黒茶(後発酵・水分を含む茶葉を摘み菌によって発酵させたもの)・紅茶(完全発酵・高温で放置し、完全に発酵したもの)・花茶(再発酵・緑茶、烏龍茶などに花の香りを移したり。バラや菊など花そのものをお茶として飲むもの)に分類され、例えばウーロン茶は青茶、プーアル茶は黒茶、ジャスミン茶は花茶の仲間になります。

>中国茶一覧

【おすすめサイト】
中国茶と茶器のQING XIANG<チンシャン>

妊娠中でもハーブティーでリラックス!【マタニティ特集】

八十八夜の新茶を楽しもう!【新茶特集】

ochao携帯版OPEN!!

ケータイで、左のバーコードを読み取るか、【http://mobile.ochao.com/】にアクセスしてください。

お茶情報満載、健康情報満載。日本茶(緑茶)、中国茶(ウーロン茶)、紅茶、健康茶(黒豆茶ゆず茶、ゴーヤー茶菊茶(菊花茶)お茶で花粉症対策)、ハーブティー(マタニティ ハーブティー)の他にも、茶器、お茶グッズ(お茶犬大集合)、ギフトなどを紹介します。
連作障害、有機農業に土壌改良剤「土ビタミン」