特選お茶の世界へ

ハーブティーの入れ方・つくり方

Home > お茶基礎知識 > お茶の入れ方 > ハーブティーの入れ方・つくり方

【つくり方】
1.まずはじめに好みのハーブの鉢植えをハーブショップやお花屋さんなどで購入します。
2.大き目の鉢やプランターなどに植え替え、一日一回水をやります。
※さまざまなハーブを楽しみたい方は寄せ植えがお勧めです。ただしミント類は種類が豊富ですが交配しやすい特徴があるので、一つの鉢につき一種類を植えた方がいいようです。
【入れ方】
1.フレッシュハーブティー
(1)新鮮なハーブをポットに入れ、よく沸騰したお湯を注ぎ、そのまま3~4分置きます。
(2)薬効でお飲みになる方は、10分位長めに抽出して下さい。好みでレモンやハチミツを加えてお召し上がりください。
※ハーブは出来るだけガラスや陶器、陶磁器のポットを使用し、金属製のポットは使用しないで下さい。
※葉を摘むときは常に若い葉から摘むようにするとそこからどんどん増えていくので、いつも新鮮な味を楽しめます。
※ハーブは心と身体の両方に働きかけますが、長期間の常用や一日に大量に飲むのはさけたほうがよいハーブもあります。使用前にハーブの性質をよく調べて飲むようにしましょう。血圧の高い人、心臓の弱い人、現在薬を服用している人は医師に相談して>飲むようにしましょう。また妊娠中や産後に使用量に気をつけなくてはいけないハーブもあります。飲んでいて気分がわるくなったり、刺激を受けたときは使用を中止しましょう

もっと手軽に栽培を楽しめるハーブはこちら

妊娠中でもハーブティーでリラックス!【マタニティ特集】

八十八夜の新茶を楽しもう!【新茶特集】

ochao携帯版OPEN!!

ケータイで、左のバーコードを読み取るか、【http://mobile.ochao.com/】にアクセスしてください。

お茶情報満載、健康情報満載。日本茶(緑茶)、中国茶(ウーロン茶)、紅茶、健康茶(黒豆茶ゆず茶、ゴーヤー茶菊茶(菊花茶)お茶で花粉症対策)、ハーブティー(マタニティ ハーブティー)の他にも、茶器、お茶グッズ(お茶犬大集合)、ギフトなどを紹介します。
連作障害、有機農業に土壌改良剤「土ビタミン」