特選お茶の世界へ

緑茶で生活習慣病予防

Home > お茶で健康&リラックス > お茶で健康 > 緑茶で生活習慣病予防

フリーラジカルの害を防ぐビタミン、カロチン、カテキン

たばこの吸い過ぎやお酒の飲み過ぎ、強いストレスを受けることにより、人間の体内には、活性酸素などの不安定で攻撃的なフリーラジカルが生成されます。また、排気ガスなどに含まれる環境汚染物質や日光の強い紫外線も、フリーラジカルの害を促進します。
このフリーラジカルが体内で適切に処理されないと、それが引き金となって、心筋こうそくや脳卒中、がんなどの生活習慣病を引き起こします。
フリーラジカルの害を防ぐには、抗酸化活性作用のあるビタミン類、なかでもビタミンAやビタミンC、それにビタミンEが有効であることが、すでに動物実験により明らかにされています。
また、これらのビタミンに加え、カロチンやカテキンという成分がフリーラジカルの害を防ぐ役割を担っていると考えられています。

緑茶に多く含まれているカロチン、カテキン

緑茶には、カロチンやカテキン、ビタミンが豊富に含まれているので、生活習慣病の予防に効果があると考えられています。例えば抹茶のカロチン含有量は、カロチンが多いといわれているニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜の3、4倍もあります。
ただし、カロチンやカテキンはほとんどがお湯に溶け出ないので、お湯で溶出したものを飲んでも摂取出来ません。抹茶として、あるいは茶葉を食べることなどにより、はじめて摂取出来るのです。

妊娠中でもハーブティーでリラックス!【マタニティ特集】

八十八夜の新茶を楽しもう!【新茶特集】

ochao携帯版OPEN!!

ケータイで、左のバーコードを読み取るか、【http://mobile.ochao.com/】にアクセスしてください。

お茶情報満載、健康情報満載。日本茶(緑茶)、中国茶(ウーロン茶)、紅茶、健康茶(黒豆茶ゆず茶、ゴーヤー茶菊茶(菊花茶)お茶で花粉症対策)、ハーブティー(マタニティ ハーブティー)の他にも、茶器、お茶グッズ(お茶犬大集合)、ギフトなどを紹介します。
連作障害、有機農業に土壌改良剤「土ビタミン」